お膝の上で読み聞かせ:オキシトシン

幸せホルモンについてはこちら→幸せホルモン記事一覧

パパ君がミミを膝に乗せて読み聞かせをしていました。

その光景が何とも幸せだったのでパシャリ。

最近のミミのお気に入りの本はこちらです。

「ぽんちんぱん」と「まてまてまて」。



ぽんちんぱんは実は家族全員のツボ!

我が家には色々と本がありますが、その中でもこれを選ぶとは、さすが行政のブックスタート事業で選ばれている本だけあります!

0−1歳児の「絵本を読みたい!」という心をグッと掴んでくれています。

上記2冊のような言葉の少ない絵本、繰り返しの多い絵本は言葉を覚えやすいので、平仮名を読めないお兄ちゃん、お姉ちゃんでも下の子へ読み聞かせできてしまいます。

親子だけでなく兄弟間での読み聞かせも心がほっこりする幸せな光景ですのでオススメ。

❤︎幸せホルモンのおはなし❤︎

人は肌と肌が触れ合うと幸せホルモンの一つ、オキシトシンが分泌されます。

オキシトシン分泌により幸福を感じ親子の信頼関係が強まります。

赤ちゃんに限らず少し大きくなったお子さんへの読み聞かせも抱っこしたり、横にぴったりくっついて読み聞かせをしてあげるといいですね。

小学生が膝に乗ってくると、重いんだけどね・・・( ^∀^)

幸せホルモンについてはこちら→幸せホルモン記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です