夜間に家庭菜園の葉を食べられる。白黒の幼虫。

日当たり環境が悪いのに懲りずに今年も家庭菜園しているみみじんです。

こんにちは。

今日は可愛いミニトマトちゃんの葉が食べられた事件のお話。

葉が食べられてなくなっている。

今年は地植えで1株だけにしたミニトマト。

少しずつ大きくなってきて着果し始めたミニトマト。

実がつき、背丈も伸びてくると毎朝見るのが楽しみでしかたない。

でも、ある日、ミニトマトの葉っぱに異変が。

葉っぱがなくなっているの、分かります??

写真の右下も左上も。

(TдT)

2、3日、新しく出る葉っぱ少しずつ食べられ続けました。

葉っぱの裏を見ても虫はついていないし朝起きると葉っぱが食べられている。

夜の間に、、、誰の仕業だ?!

葉を食べた犯人はヨトウムシ。

色々調べたらヨトウムシとかいう容疑者が浮かび上がる。

夜盗虫とも言われていてガの幼虫なんだとか。

特徴は、被害が進むけれど姿が見えない。

(昼間は隠れて夜活動するらしいです。)

これだこれ!

そう書いていたサイトにのっていたのが黒い幼虫。

いたー!!!

見える?

うちにもいました、ヨトウムシ 。

昼は土中に隠れていることが多いって書いてあったけど、木にいた。

これであってるのかな??

よくわからないけど私の中ではこのムシをヨトウムシと呼ぶことにした。

虫嫌いの私も去年の家庭菜園で少し鍛えられましたが、それでもこんな小さな虫にハラハラドキドキ。

犯人見つけた〜〜〜と思ってたら共犯者がうじゃうじゃ。

ミニトマトの近くにあった3本の木に30匹以上見つけてしまったのです。

( ̄◇ ̄;)

お隣さんの木にも。。。

さてさて、このヨトウムシ、どうやって駆除しようか。

考え中。

考えている間にミニトマトやられちゃうから早く対処しなきゃね。

つづく。。。


1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です