マスクには予防効果がないらしいけど立体のガーゼマスク作りました。

毎日マスクを使うのにどこにもマスクが売っていないってど〜ゆ〜こと〜〜〜〜!!

みみじんです。

こんにちわ。

感染症予防にはマスクが有効ではないらしい(気になる方はググってみてください。)というのが常識のアメリカではそんなにマスクをしている一般人はあまりいないんだとか。

どうですか?アメリカ在住の皆さん。

というか、アメリカに限らず世界中の皆様のマスク事情に興味ある。

もちろん、ウィルスを持っている人が他人にうつさないためにマスクをするのは有効らしい。

で、健康な人がマスクをして無意味かというと全くそうではなく、鼻や喉の保湿、保温の役割は果たしてくれるので喉鼻の免疫低下は防げるみたい。

汚れた手で口や鼻を触る頻度も低くなりますよね。

私は保湿、保温を期待してマスクを着用しています。

毎年、冬には副鼻腔炎で苦しい思いをしていました。

寒い部屋で寝て起きたときや幼稚園の送迎でいつも鼻水が酷くなっていたので原因は冷気だと推測。

坂道をビューンと降った時や、お迎えがギリギリだぁと焦って猛スピードで自転車をこいで息を大きく吸った時なんかは後鼻漏が酷くて辛かったので今年は毎日マスクをしています。

寝る時もマスクです。

するとどうでしょう、今年は後鼻漏ほぼないですし、副鼻腔炎になっていません(⌒▽⌒)

マスク様様なわけですが、今、コロナウィルスの恐怖でマスクがどこもかしこも売切れじゃありませんか!!!!

家にある残り20枚の不織布マスクが無くなったらあの副鼻腔炎が待っている?!

ぎゃ〜〜〜それだけは避けたい!

ってことでガーゼマスクを大人用にも作ることにしました。

1年前に子供用のマスクを作った時の記事はこちら↓

実はこの子供用マスク、名前が書いていないので朝起きてから着替えやら朝食やらでリビングの床にマスクをポーンと置いちゃって誰がしていたのか分からない状態のことが多々ありました。

柄とサイズで男子用、女子用には分かれているのですが、ルルが青いチェックがカッコいいと言って女子用のを使う時もあり、ますます混乱。

何度も洗濯を繰り返してどんどん小さくもなってきていたしララがインフル嘔吐で汚れたマスク3枚捨てて少なくなってきたので、子供達一人一人に色を決めてガーゼマスクを作ることにしました!

小学生は給食当番の時用にも必要なのでトト8枚、ララ8枚、ルル8枚、シシ3枚、パパ君4枚、私4枚、合計35枚が目標!

マスク屋さんか?!

でも、これだけあれば汚れて捨てることがあっても1年間は作らずに済むかな?と思います。

で、早速生地を買ったのですが、生地を見るだけでテンション上がる〜。

今回は楽天市場の手作り工房 MY mamaというお店で購入。


無地だけのシンプルマスクにしようと思ったけど、やっぱり布見ていたら柄物も可愛くて買っちゃった。

早速、試しに立体マスクを子供サイズで作ってみました!

トトは紫。

ちょいと失敗してしまい、糸をほどいてやり直したのでこんなヨレヨレになっちゃった( ´∀`)

ガーゼって繊細だわぁ。

水色はルル。

ようやく慣れてきた3枚目。

ちょっと縫い目曲がってますが、、、いいじゃんいいじゃん!(完全に自己満の世界。)

ちなみに、子供達曰く、着け心地あまり変わらないから立体じゃなくてもいいって・・・。

うん、平面にしようかな、簡単だし(°▽°)

あと32枚あるし・・・・・・今月中に仕上げたい。

ブログ書いてないで作れって?

そうだね、そうします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です