朝の幼稚園登園ってこんなんでしたっけ??

夏休みがあけて約2ヶ月。

ルルの幼稚園生活がどうなったのかを久々にお伝えします。

 

夏休み中は夏季保育を全部欠席しました。

2学期始まるのも嫌だ嫌だとずっと言っていました。

それは小学生たちも同じだから、想定内。

幼稚園の始業式は大泣きはしなかったものの無表情で抜け殻のような感じで登園しました。

そして翌日。

朝から嫌だ嫌だと・・・。

1学期に戻った~~~~~~~( ゚Д゚)

やっぱりね。これも、まぁ想定内だな。

朝起きてから準備にとにかく時間がかかるかかる。

幼稚園の駐輪場に着いても自転車から降りない。

泣きまくる。

私も体調不良で頑張る気になれない・・・。

先生も駐輪場まで迎えに来てくれましたが、絶対に教室にはいかないぞと自転車の手すりを固く握っているルル。

この日は無理に降ろさなくてもいいかぁと思って、とりあえず先生と握手をしてルルも一緒に帰宅しました。

(こんなんだったら休めばよかった。。。)

帰宅してからルルが一言。

ルル

今日は幼稚園頑張ったから明日は休むね。

ん?!自転車に乗って行って帰ってきただけなんですけど・・・”(-“”-)”

まぁ、本人なりに頑張ったんだろうなぁ。

泣くってすごい体力使うもんね。

1学期、かなり無理矢理幼稚園に連れて行って改善が見られませんでした。

最近のルルは言葉で気持ちを表現できるようになってきたので、2学期は本人の気持ちを尊重してみようかと思い、翌日は休みました。

そしたら、お昼ご飯を一緒に食べながらルルがまたボソッと発言。

ルル

今日は休んだから明日は行く。

へぇ、そんなルールを決めたのか。

で、ちゃんと行ってくれたのです!!

そしてその翌日はまた休みました(笑)

 

翌週は、2日行って2日休むというルールのもと、水木曜日を休んで週3日泣かずに自主的に幼稚園に行けました!!

そして、さらに次の週からは三連休が続いていたので水曜だけ休んで残り3日は泣かずに幼稚園へ。

10月に入ってからは毎日楽しそうに幼稚園に行くようになりました!!!

朝の登園ってこんなに楽なものだったっけ??と数日は思ったものです(*‘∀‘)

自分で起きて、自分で着替えて、自分で靴を履いて、自分で自転車に乗って、自分で降りて、自分で歩いて保育室へ行く。

当たり前のようにやっている子達もいるでしょう。

でも、ルルにとっては大きな大きな変化です。

そんなわが子の成長を見れるのが子育てで幸せな瞬間でもあります。

 

何がきっかけだったのかは正直分かりません。

ルルと話しても、本人もよくわかっていないので。

でも、今は幼稚園が楽しいと言っています。

ルルは自分なりの解決方法だったり息抜きだったりそういうものも手探りで見いだそうとしていたのかもしれません。

そんな中で自分の意見を尊重してもらえたことが彼の中で大きな変化につながったかなぁと思ったりしますが、違うかもしれません(笑)

そこまで深イイ話じゃなくて、時が解決しただけだったかもしれません。

パパ君がよく言います。

パパ君

6ヶ月したら子供は変わるよ。

その6ヶ月が長く思えるのだけれど。。。

まぁ、振り返ればだいたい子育てで困ったり悩んだりしたことは6か月後に解決されていることが多いので(例外もやっぱあるけど)、これからも我が家の場合は6カ月先のわが子を見据えながら頑張って乗り越えたいと思います。

 

とにかく、ルルは楽しく幼稚園に行くようになりました。

ルルに優しく声をかけてくださった皆様、ご心配してくださった皆様、気にかけてくださった皆様、

本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です